診療内容

子宮がん検診

子宮がんには、子宮頸がん(子宮の入り口にできるがん)と子宮体がん(子宮の中の奥にできるがん)の2種類あります。子宮頸がんは性交によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因とされています。  多くの女性はHPVに感染しますが、大半は一過性の感染で終わりますが、持続感染した一部の女性が徐々に前がん状態になっていきます。子宮頸がんは症状(不正出血)の出る前に早期に発見して 治療することで治ります。早期発見のために、20歳以上の女性は1年に1回、子宮がん検診を受けることをお勧めします。

検診内容

  • 診察(内診)子宮がん検診では診察(内診)を行います。まず視診によって腟の状態、おりものの状態、子宮の入り口の状態がわかります。次に、触診で子宮の位置、大きさ、硬さ、表面の状態、卵巣の大きさなどがわかります。
  • 子宮頸がん検査子宮頸がんは、最近、若い女性(20~30歳代)の間で急増しています。子宮頸がん検診は子宮がん検診のときに必ず行ないます。専用の柔らかい器具で、子宮頸部(子宮の入り口)のがんのできやすい部分を軽くこすり細胞を採取します。
  • 子宮体がん検査子宮体がんは、子宮頸がんより数は少ないですが最近増加しています。年齢が50歳前後に多く、症状は不正出血などです。不正出血が閉経後にある時は必要な検査ですが40歳未満の若い女性でも不正出血がある時に必要なこともあります。
  • HPV検査HPV検査は子宮頸部(子宮の入り口)を軽くこすって細胞を採取し、子宮頸がんを引き起こすハイリスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染の有無を調べます。
  • 超音波検査 お腹の中の状態を画像で見る検査で、子宮や卵巣の異常、子宮筋腫や卵巣腫瘍の有無などがわかります。
診療時間表
※ 初診受付は AM 9:00~11:00 PM 3:00~5:30
※ 祝日は休診です
※ 木曜日の診療は再診の方のみです
  • 042-742-5062
  • メールでのお問い合わせ
よくある質問
患者様の声

飯田レディースクリニック

〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野5-24-19
駐車場2台あり
診療時間表
※ 初診受付は AM 9:00~11:00 PM 3:00~5:30
※ 祝日は休診です
※ 木曜日の診療は再診の方のみです
  • 042-742-5062
  • メールでのお問い合わせ

診察カレンダー

  • このページの先頭へこのページの先頭へ